キャッシュレス決済が浸透しつつある今、様々な決済サービスが増えています。

今回、紹介するサービスはスマホ決済サービスPayPay(ペイペイ)です。

こちらでは、店舗オーナー向けにPayPay(ペイペイ)の特徴やメリット、導入にあたっての注意点などを紹介しています。

お店のキャッシュレス化を検討している方は、ぜひ参考にしてください。



PayPay(ペイペイ)とは

PayPay(ペイペイ)とは、ソフトバンクとヤフーが設立した「PayPay株式会社」が運営する、スマホを使って支払いができるサービスです。

PayPayに対応しているお店で、現金ではなくスマホのPayPayアプリを利用して支払いをすることができます。

スマホにインストールしたPayPayアプリに表示されるバーコードやQRコードを使って決済をするため、だれでも簡単に利用することができるのが特徴です。

登録ユーザー数と使える店舗数

登録ユーザー数2,800万人突破
使える店舗数220万カ所以上

店頭での決済方法は2種類

PayPayを利用した店頭での決済方法は、店舗に提示してあるQRコードを利用者が読み取り、会計金額を利用者が入力して店舗側が確認して決済する「ユーザースキャン方式」と、利用者がバーコードを店舗側に提示して、店舗側がスキャナーでバーコードを読み取って決済する「ストアスキャン方式」の2種類の方法があります。

ユーザースキャン方式

「ユーザースキャン方式」の支払いの流れ

「ユーザースキャン方式」は専用のQRコードをレジ横などに掲示しておくだけで手軽に利用できることから、多くのPayPay加盟店はコチラの方式を採用しています。

ストアスキャン方式

「ストアスキャン方式」の支払いの流れ

PayPay(ペイペイ)加盟店の取扱い条件

「ユーザースキャン方式」の取扱い条件です。

サービス名PayPay(ペイペイ)
運営会社PayPay株式会社
初期費用無料
月額費用無料
決済手数料無料
振込手数料無料
入金サイクル最短翌日(ジャパンネット銀行の場合)
対応QRコードPayPay、Alipay、AlipayHK、Kakao Pay



PayPay(ペイペイ)の特徴とメリット

初期費用・月額費用が無料

PayPayをお店で使えるようにするための費用は一切かかりません。

専用のQRコードをお店に置くだけでPayPayの支払いに対応することができます。
初期費用0円・月額費用0円

決済手数料が無料

PayPay(ペイペイ)では、「ユーザースキャン方式」の決済であれば、決済手数料が無料とまります。

ただし、決済手数料が無料となるのは2021年9月30日までです。

それ以降の手数料がいくらになるのか詳細は発表されておりません。

入金手数料が無料

入金手数料はジャパンネット銀行の場合のみ永年無料です。

その他金融機関の場合は2020年6月30日まで無料となり、2020年7月以降は入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)の手数料が発生します。

最短翌日の入金サイクル

「PayPay」の決済締め日は、累計決済金額にかかわらず、基本的に月末が締日ですが、ジャパンネット銀行の場合、累計決済金額関わらず翌日入金となります。

その他金融機関の場合、最短翌々営業日に入金となります。

インバウンド消費の取り込みに効果絶大

「PayPay」の加盟店では、中国ECの最大手企業アリババが提供する「Alipay」、アリペイ香港が提供する「AlipayHK」、および韓国のKakao Corp.が提供する「Kakao Pay」が「PayPay」加盟店に設置されているQRコードでそのまま支払いができます。

また、2020年9月末までは、決済利用料を無料でとなります。

特に観光地でのインバウンド消費の取り込みには効果絶大です!
Alipay、AlipayHK、Kakao Pay

PayPayの加盟店で「Kakao Pay」「AlipayHK」の決済が可能に
PayPayの加盟店で「Kakao Pay」「AlipayHK」の決済が可能に「Alipay」を加えた主要3サービスに対応 PayPayは、すでにサービスを開始している「Alipay」に加えて、韓国のKakao ...

PayPay(ペイペイ)の手厚いサポート体制

PayPay(ペイペイ)では、導入済店舗向けの相談窓口を24時間365日体制で、電話での相談が可能となっています。

また、補償制度により万が一の不正利用の際も全額入金が保証されます。

PayPay(ペイペイ)導入加盟店の安全性は?
PayPay(ペイペイ)導入加盟店の安全性は?PayPayを導入したいけど安全性が気になる… QRコード決済でのキャッシュレス支払いが浸透しつつある今、様々な決済サービスが増えてい...



 

PayPay(ペイペイ)導入時の注意点

「ストアスキャン方式」は決済手数料が有料

利用者がバーコードを店舗側に提示して、店舗側がスキャナーでバーコードを読み取って決済する「ストアスキャン方式」の場合は、決済手数料は無料になりません。

また、バーコードを読み取るスキャナーが必要になります。

決済手数料無料は期間限定

「ユーザースキャン方式」の決済手数料が無料となるのは2021年9月30日までです。

それ以降の手数料がいくらになるのか詳細は発表されておりません。

PayPay(ペイペイ)加盟店登録までの流れ

PayPayは申込みから1週間程度で導入できます!

PayPay導入までのながれ
  • STEP 1
    申込み開始
    【PayPay】のお申込みフォームに、
    メールアドレス、氏名、法人名または屋号名、連絡先電話番号を入力します。
  • STEP 2
    申込み案内メール受信
    入力したメールアドレスに、お申込みフォームのリンクが届きます。
  • STEP 3
    審査情報入力
    メール内記載のリンクから、審査情報の入力を行います。
  • STEP 4
    審査
    申込み後、約2営業日で審査結果が登録メールアドレスに届きます。
  • STEP 5
    初期設定
    審査完了後、登録住所に「PayPayコードキット」が届きます。
    キットの組み立てと、初期設定を行います。
    ※初期設定やキットの設置方法はこちらです。
  • STEP 6
    ご利用スタート
    PayPayコードを店頭に設置してご利用開始となります。

PayPay株式会社の会社概要

PayPay(ペイペイ)を提供する「PayPay株式会社」の企業概要を紹介します。

名称PayPay株式会社
英名PayPay Corporation
所在地〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町1-3
東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
資本金920億円
設立年月日2018年6月15日
株主ソフトバンクグループ株式会社
ソフトバンク株式会社
ヤフー株式会社

まとめ

以上、店舗オーナー向けにPayPay導入について解説しました。

「PayPay」の登録ユーザー数は2,800万人を突破し、いま一番使われているQRコード決済サービスですので、お店の集客アップににつながること間違いなしです。

また、中国のスマホ決済「Alipay」、香港のスマホ決済「AlipayHK」、韓国のスマホ決済「Kakao Pay」が、お店に設置した「PayPay」のQRコードでそのまま支払いを受けることができます。

世界的なイベントも行われる中、キャッシュレス決済に慣れた海外からのお客様のインバウンド需要対策に効果的です。

キャッシュレス決済の導入を検討している方は、是非この機会に検討してみてください。